2017年03月09日

過去のコンテンツ

幾つか所有しているブログの中から、クレジットカード関連の話題を転送してみました。
そのため、最初の記事より古くなっています。
HTMLごとコピペしているので、リンク切れしている部分もあります。
あしからずご了承ください。
【雑談の最新記事】
posted by あおいくるま at 22:28| Comment(0) | 雑談

2017年03月07日

はじめまして

ネット上で、「お小遣い稼ぎ」のサイトが数多くあります。
以前から、時々拝見させて頂いていましたが、自分でも立ち上げてみることにしました。
自分への備忘録という事で、自分が体験した事を記事にしていくつもりです。

ブログ記事と同じように、ユルく投稿していくつもりです。
よろしくお願いいたします。
posted by あおいくるま at 15:00| Comment(0) | 雑談

2014年12月18日

「陸マイラー」その後の検証(その3)

昨年の7月にANAカードを所有してマイルを貯め始めた話をしました。
1年数ヶ月経過した時点で、マイルを貯めるための個人的に気を付けた事を数回に分けて整理している3回目。今回で最終回です。

今回も、航空会社系のカードだけではなく普通のクレジットカードにも当てはまる話になりそうです。

●提携企業を把握する
航空会社提携のクレジットカードの場合、提携している小売店でカードを使用した時に通常付与されるマイルやポイントに加えて、ボーナスポイントが付く店舗が数多い事に驚かされます(JALの場合はここから、ANAの場合はここから確認できます)。

リアル店舗も、ネット通販でも参加している店舗があったり、他のクレジットカード同様モールを経由してマイルを獲得できる方法があるので、ここは覚えておくポイントになります。
車中心で動く人だと、双方の航空会社共通してエネオスでの給油を航空系のクレジットカードで決済すればお得になる訳です。
人と人との関係が無ければ、クレジットカードで利用する店舗を変更してしまうきっかけになるでしょう。

もうひとつはポイントの提携関係。JALはJMBローソンPontaカードVisaを所有することでPontaからJALマイルに交換することが出来ますし、ANAの場合はTポイント楽天ポイントからANAマイルに交換することもできます。万が一、もう少しで特典航空券に換えられるのに…という状況の場合を考えると、覚えておいた方が良い技だと思います。

そして、ANAの場合はスルガ銀行の専用のインターネット支店をメイン口座にすれば、給与振り込みやカードの支払いでマイルが貯まるというおいしい話もあるのですが、家族から却下されました(苦笑)。

●全ては調べてから
この記事を読まれている方で、必ずしも航空会社のマイルが欲しい方ばかりでは無いはずです。
クレジットカードはあくまでもツールのひとつ。私はそれを郵趣活動のための原動力として航空会社のマイルに貯めて文字通り「高飛び」したいと思っています。
「他社のカードだと皿しかもらえない」と謳っている某IT企業のクレジットカードのCMが流れていますが、最終的にはどのような事のためにクレジットカードを利用するかが一番のポイントになると思いますので、どの様なクレジットカードがあるのか吟味すると良いでしょう。

お得感が増すのは、「提携カード」と呼ばれる小売店や石油元売会社、交通系の会社と提携されたカード。
一番利用する、もしくは利用したい会社でどの様に「恩恵」を受けられるか、各社のホームページを見ながら把握すべきです。

把握すべきポイントは、
1)自分が何処(店舗)でどの様(決済方法)な支払いを行っているか
2)使用する(したい)カードでどのようにポイントを得られて、どの様な還元が受けられるか。
3)電子マネーを使うのであればどのような電子マネーが使えるか、(プリペイド系の場合)使用時のみならずチャージでポイントが貯まるか
4)貯めたポイントの特典の交換方法
5)カードでお得にポイントが貯まったりする提携関係
以上の部分を調べて利用すれば、更にお得な生活ができると私は確信しています。

(おわり)
posted by あおいくるま at 22:00| Comment(0) | マイル

2014年05月11日

自動車税を手数料無料でクレジット払い

4月〜5月は意外と出費の多い月。
その中でも、各種税金の請求が届くのが頭が痛いです。
という我が家にも、自動車税の振込用紙が届きました。
私の車は13年を余裕でオーバーしているので、一割増しです。

税金と言えば、以前はクレジットカード払いとは無縁の物でしたが、最近は積極的にカード払いを進める自治体も多くなり、ポイントやマイルを貯めている立場としては大変嬉しいです。
しかしながら、手数料という落とし穴があります。

私の住んでいる鹿児島県では「Yahoo!公金払い」を利用していますが、Tポイントが利用出来るというメリットがある反面、手数料が1台当たり324円生じてしまいます。
手数料を抑えてカード決済を行う方法はあります。但し、面倒臭いです。

条件は、セブンイレブンを利用する事。
近所にセブンイレブンの無い方は申し訳ありません。

そして、以下の物を準備します。
1.nanacoカード
2.nanacoのクレジットチャージが出来てかつポイントの貯まるクレジットカード

私が「面倒臭い」と表現したのは2.が意外と少ない事が一つ目のハードル。
nanacoの収納代行では、nanacoポイントは付与されません。狙うのはカード会社のポイントになります。
そのため、nanacoの公式サイトとお持ちのクレジットカード会社の公式サイトをにらめっこしながら、お持ちのクレジットカードが2.に当てはまるか調べる必要があります。
例えばイオンカードにチャージしようと思っても、出来る訳がありません(理由は分かるはず)。
私よりも研究している人達が沢山居るので、そのような方のサイトをググったりすれば、答えが容易に引き出せると思います。但し、閲覧したサイトの更新時期はチェックしてください。今はもう適用されていないと言う事もありますので。

それらのカードで一番所有率が高そうなのは、永久不滅ポイントを採用していないセゾンカードのクレジットカード。

Jpeg

私は、「JQカードセゾン」を利用しています。
セゾンカードの回し者ではありませんが、永久不滅ポイントを採用していないセゾンカードの多く(例外も存在)は、電子マネーのチャージをしてもポイントが貯まってしまうと言う美味しい機能を持ち合わせています。それよりも、還元率の高いカードは沢山出ていますので、還元率を仰る方はそちらの方を…。

チャージまでの手順を説明します。これも、面倒臭いと言える作業かもしれません。
1.nanacoのサイトでログインし、nanacoのクレジットチャージ登録(登録済みの方は不要)
2.10日程待つ(登録済みの方は不要)
3.nanacoのサイトでクレジットチャージ。
4.セブンイレブンに行ってチャージ分の受け取り。
5.レジで現金と同様にチャージしたnanacoを使って公共料金支払い
文章にすると、こんな感じです。

注意点として、
3.は高額のチャージの場合一度に29,000円まで、カードに50,000円までという条件があります。
例えば38,000円チャージしたければ、20,000円と18,000円チャージすれば良いのです。
4.は面倒そうと思われるのですが、とても簡単。
セブンイレブン内に在る、セブン銀行のATMでnanacoの残高確認を行えば良いだけです。
Jpeg

上の画面は、ATMの最初の画面。自分の映り込みが嫌なので、液晶画面が見づらいのは許してください。
右下にある「nanaco」のボタンを押して、nanacoをかざした状態。
ここで「残高確認」を押せば、ネット上でチャージした金額がnanacoに実際に反映される事になるのです。

僅かな手数料なのですが、出し惜しみしたい方は是非チャレンジしては如何でしょうか?
posted by あおいくるま at 00:52| Comment(0) | クレジットカード

2013年12月17日

「陸マイラー」その後の検証(その2)

昨年の7月にANAカードを所有してマイルを貯め始めた話をしました。
1年数ヶ月経過した時点で、マイルを貯めるための個人的に気を付けた事を数回に分けて整理している2回目です。

この辺りからは、航空会社系のカードだけではなく普通のクレジットカードにも当てはまる話になりそうです。

●可能な限りカード決済
これはマイルを貯めるというよりも、カード会社のポイントを貯める中では基礎中の基礎と言っても過言ではありません。カードを使用しなければ、貯まる物も貯まりませんので…。

まずは、公共料金の支払いはカード決済に振り替えは必ず行う事。最近はカード決済と口座振替で金額を変えない会社が多いので、躊躇する必要はありません。最近は、家賃もカード決済できる所もあるので、要チェックです。私の自宅は指定のカードを申し込めば可能でしたが、支払うべきカードの年会費とカード払い手数料を知って閉口してしまい、銀行振込にしました。

次に、カード決済のマークが付いていないところでも「カード使えますか?」と念のため聞いてみるのは必要です。お店によっては、ポイントの進呈率が変わったり、使用できるカードが限られてくる事があるため、現金決済するかカード決済するかはその時に判断した方が良いと思います。

一番重要なことは、現金で支払った方が良いのか、カードを使った方が良いのかという判断。
これは、皆さんの経済感覚で変わってくる部分になるので強く言えませんが、カードが使える所の方が高いというケースもちらほらありました。

●電子マネーを駆使
私が所有しているANAカードSuicaは、iDSuicaが使用可能です。あとは、ANAの場合Edyを使用する事でマイルが貯まりますので、私はこの3つを中心に使用しています。3つの電子マネーは携帯電話へ登録可能(iDはドコモのみ)なので、全て携帯を使用しての決済にまとめています。

電子マネーだと、少額決済でもカードを出さずに支払いが出来てとても楽になりますし、小銭を使用する事がめっきり少なくなってきました。
居住地で環境が変わるかと思いますが、鹿児島市内の場合iDとSUGOCAと共通利用できるSuicaがあれば、電子マネー決済の9割方がカバーでき、残りの1割もEdyで補完できます。本当は、SUGOCAがポイントも貯まりやすいので最強なのですが、モバイルSuicaの使い勝手からは抜け出せそうにありません。

記載すべきポイントは、2013年春以降に始まる交通系電子マネーの共通利用化と、JR九州からANA、JALともにマイルに交換できるタイプのSUGOCA一体型のクレジットカードの発行といった、動向。この二つはとても気になりますし、所有するクレジットカードの再見直しも必要になるかもしれません。
上記の部分は「九州では」という括りになりますが、交通系電子マネーについては良く研究すべきでしょう。

最後に、意外に知られていない事を。クロネコヤマトは営業所に荷物やメール便を持ち込めば、Suica、Edy、WAONnanacoのポストペイ系の電子マネーで支払い可能です。また、切手もサークルKサンクスだとEdyでの購入が可能です(但しEdy支払いでポイントは発生せず)。

(続く)
posted by あおいくるま at 22:00| Comment(0) | マイル