2014年12月18日

「陸マイラー」その後の検証(その3)

昨年の7月にANAカードを所有してマイルを貯め始めた話をしました。
1年数ヶ月経過した時点で、マイルを貯めるための個人的に気を付けた事を数回に分けて整理している3回目。今回で最終回です。

今回も、航空会社系のカードだけではなく普通のクレジットカードにも当てはまる話になりそうです。

●提携企業を把握する
航空会社提携のクレジットカードの場合、提携している小売店でカードを使用した時に通常付与されるマイルやポイントに加えて、ボーナスポイントが付く店舗が数多い事に驚かされます(JALの場合はここから、ANAの場合はここから確認できます)。

リアル店舗も、ネット通販でも参加している店舗があったり、他のクレジットカード同様モールを経由してマイルを獲得できる方法があるので、ここは覚えておくポイントになります。
車中心で動く人だと、双方の航空会社共通してエネオスでの給油を航空系のクレジットカードで決済すればお得になる訳です。
人と人との関係が無ければ、クレジットカードで利用する店舗を変更してしまうきっかけになるでしょう。

もうひとつはポイントの提携関係。JALはJMBローソンPontaカードVisaを所有することでPontaからJALマイルに交換することが出来ますし、ANAの場合はTポイント楽天ポイントからANAマイルに交換することもできます。万が一、もう少しで特典航空券に換えられるのに…という状況の場合を考えると、覚えておいた方が良い技だと思います。

そして、ANAの場合はスルガ銀行の専用のインターネット支店をメイン口座にすれば、給与振り込みやカードの支払いでマイルが貯まるというおいしい話もあるのですが、家族から却下されました(苦笑)。

●全ては調べてから
この記事を読まれている方で、必ずしも航空会社のマイルが欲しい方ばかりでは無いはずです。
クレジットカードはあくまでもツールのひとつ。私はそれを郵趣活動のための原動力として航空会社のマイルに貯めて文字通り「高飛び」したいと思っています。
「他社のカードだと皿しかもらえない」と謳っている某IT企業のクレジットカードのCMが流れていますが、最終的にはどのような事のためにクレジットカードを利用するかが一番のポイントになると思いますので、どの様なクレジットカードがあるのか吟味すると良いでしょう。

お得感が増すのは、「提携カード」と呼ばれる小売店や石油元売会社、交通系の会社と提携されたカード。
一番利用する、もしくは利用したい会社でどの様に「恩恵」を受けられるか、各社のホームページを見ながら把握すべきです。

把握すべきポイントは、
1)自分が何処(店舗)でどの様(決済方法)な支払いを行っているか
2)使用する(したい)カードでどのようにポイントを得られて、どの様な還元が受けられるか。
3)電子マネーを使うのであればどのような電子マネーが使えるか、(プリペイド系の場合)使用時のみならずチャージでポイントが貯まるか
4)貯めたポイントの特典の交換方法
5)カードでお得にポイントが貯まったりする提携関係
以上の部分を調べて利用すれば、更にお得な生活ができると私は確信しています。

(おわり)
posted by あおいくるま at 22:00| Comment(0) | マイル