2013年12月17日

「陸マイラー」その後の検証(その2)

昨年の7月にANAカードを所有してマイルを貯め始めた話をしました。
1年数ヶ月経過した時点で、マイルを貯めるための個人的に気を付けた事を数回に分けて整理している2回目です。

この辺りからは、航空会社系のカードだけではなく普通のクレジットカードにも当てはまる話になりそうです。

●可能な限りカード決済
これはマイルを貯めるというよりも、カード会社のポイントを貯める中では基礎中の基礎と言っても過言ではありません。カードを使用しなければ、貯まる物も貯まりませんので…。

まずは、公共料金の支払いはカード決済に振り替えは必ず行う事。最近はカード決済と口座振替で金額を変えない会社が多いので、躊躇する必要はありません。最近は、家賃もカード決済できる所もあるので、要チェックです。私の自宅は指定のカードを申し込めば可能でしたが、支払うべきカードの年会費とカード払い手数料を知って閉口してしまい、銀行振込にしました。

次に、カード決済のマークが付いていないところでも「カード使えますか?」と念のため聞いてみるのは必要です。お店によっては、ポイントの進呈率が変わったり、使用できるカードが限られてくる事があるため、現金決済するかカード決済するかはその時に判断した方が良いと思います。

一番重要なことは、現金で支払った方が良いのか、カードを使った方が良いのかという判断。
これは、皆さんの経済感覚で変わってくる部分になるので強く言えませんが、カードが使える所の方が高いというケースもちらほらありました。

●電子マネーを駆使
私が所有しているANAカードSuicaは、iDSuicaが使用可能です。あとは、ANAの場合Edyを使用する事でマイルが貯まりますので、私はこの3つを中心に使用しています。3つの電子マネーは携帯電話へ登録可能(iDはドコモのみ)なので、全て携帯を使用しての決済にまとめています。

電子マネーだと、少額決済でもカードを出さずに支払いが出来てとても楽になりますし、小銭を使用する事がめっきり少なくなってきました。
居住地で環境が変わるかと思いますが、鹿児島市内の場合iDとSUGOCAと共通利用できるSuicaがあれば、電子マネー決済の9割方がカバーでき、残りの1割もEdyで補完できます。本当は、SUGOCAがポイントも貯まりやすいので最強なのですが、モバイルSuicaの使い勝手からは抜け出せそうにありません。

記載すべきポイントは、2013年春以降に始まる交通系電子マネーの共通利用化と、JR九州からANA、JALともにマイルに交換できるタイプのSUGOCA一体型のクレジットカードの発行といった、動向。この二つはとても気になりますし、所有するクレジットカードの再見直しも必要になるかもしれません。
上記の部分は「九州では」という括りになりますが、交通系電子マネーについては良く研究すべきでしょう。

最後に、意外に知られていない事を。クロネコヤマトは営業所に荷物やメール便を持ち込めば、Suica、Edy、WAONnanacoのポストペイ系の電子マネーで支払い可能です。また、切手もサークルKサンクスだとEdyでの購入が可能です(但しEdy支払いでポイントは発生せず)。

(続く)
posted by あおいくるま at 22:00| Comment(0) | マイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。